スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニング4(トレで気付く逆足) 

 もうトレーニング4まできました^^ たぶん10ぐらいまでいくと思います(爆 覚悟しといてくださいねm(__)m

 今回語るのは逆足について。僕は9を買ってすぐトレをやったのですがその時に気付いた事の1つが逆足は使えるっていう事でした。
 ウイイレってもう9まで発売されている。それとともに逆足の精度(能力値は関係なしで)は徐々に上がってきていると思います。8まではパス、シュートともに全くと言っていいほど使えなかった。8LEではパスではある程度使えるものの、シュートではあまり使えず利き足の方向に体をもっていってしまう。だがしか~し、9ではかなり使えるなって感じてしまうのは僕だけだろぉ~か?いや、違うはず。多くの人が感じているに違いない(何キャラ?

 まず、パスについて。逆足を使う場面でも無難にパスをきれいに回せます。でも体勢が悪いと利き足どうこうにかかわらずうまく通らないのがほとんどですね。通ってもちょろちょろパスになってしまう。まぁパスはこんなとこで勘弁して。もっと違う形で説明したいのでまた今度ということで(おい 本題はシュートですから。

 ではシュートについて。トレをやった時に逆足ミドルシュートの練習を2種類をしたんです。1つ目は通常ドリブルからのミドル。これは逆足精度が5以下の選手はあまり入りませんでした。でも6以上の選手だとこれが一変してかなり入ります。2つ目が横パスからのダイレクトミドル。これは高確率で入ります。逆足精度が高い選手の方が入りやすかったのは確かなのですが低い選手でも入ります。逆足で入るなら利き足で入るのは当たり前。ここで9はミドルは使えるなっていう印象を受けました。

 次にやったのがペナルティエリア内での逆足シュート。これはダイレクトとかダイレクトじゃなくても、逆足精度が低くても低くなくても入ります。
 結局、結論としては
「逆足は使える」
という事です。1つ言っておきたいのはこれをやったのはDF無しのトレ。つまり体勢、状況がいい状態でやりました。本当の試合ではDFはたくさんいます。僕が思うにぺナ外ではできるだけノーマークで、ぺナ内なら積極的に打っていっていいと思っています。

 最後に逆足については別にトレでなくても気付きますねw 試合を重ねれば得られると思います。でも逆足でシュートにいくという気持ちがなければ気付かないかもだけど。

ではでは次のトレーニング5(トレで磨いたフリーキック)に期待してください。
 
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gooverthetop.blog27.fc2.com/tb.php/12-fee679e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。