スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10分コンペの戦い方! 

今回は10分コンペについて。

10分コンペに出場しだしたのは確か1200試合前後の時だったと思います。
記憶が曖昧ですみません。。。(泣)

初めのうちはこれがかなり苦手だったんですよっ(汗)
5分コンペみたいに上手くいったらいいのに~っていつも思っていましたw
でも慣れてくると優勝できるようになってきたんですよねー^^
まぁそれはさておき、何が大事かを挙げますね。

①自分のサッカーをする。
②アウェーで点を取られない。
 

①について。
時間が長いからまずは焦らずに自分のスタイルを貫き通してもらいたい。
プレスとかもかけ過ぎずに、点を取ることよりも点を取られないことを重視した方がいいです。
たとえ先制点をとられたとしても、時間がたくさんあるので焦らずに!

これを常に頭の中に入れてプレーするだけでもかなり変わります!!

②について。
オンをしている方は体験しているので分かると思いますが、
アウェー側の時はホーム側の時よりも明らかに動きが悪いんですよね!!
要するにホーム側の方が有利であるという事です!!

これは5分ではアウェーの時間が短いのであまり気にはならないのですが、
これが10分になると極端に長く感じて、失点率がかなり高くなります。
逆に言えば、自分がホーム側の時の得点率はかなり高くなります。
だからアウェーの時間の失点をゼロで乗り切れれば高確率で負ける事はありません。
オンの上位者や猛者の人達はみんなこういう考え方をしてます。

極端な猛者の方(フレですw)を例に挙げますと、
ホームでは3トップ,2OHで、アウェーでは5バック,3ボランチという戦い方をしています。
この方はこの戦い方で勝率8割を保っています。
僕はここまで極端にやる必要はないとは思います。
でもまぁ言える事はアウェーでは守備に集中する事が大事だっていうことです!
なのでまずはアウェーの失点をゼロにしましょう!!

10分コンペで重要になってくるのはまずはこの2つの要素です。
5分コンペの戦い方!もかなり重要ですので頭に入れておいてくださいね!!w

p.s. 僕は優勝をかなりこだわってましたのでポイントはあまり稼げませんでした(泣)
ポイントを稼ぎたいのならTAKASHIさんに右に出る者はいません。しかも戦い方もかなり考えておられますよ!僕よりも絶対にウイイレは詳しいです。ぜひチェックしてくださいね!
スポンサーサイト

コメント

MSJさん>

>アウェーで点を取られないようにする!!
>これが大事ですよね~
>そして、いかにホーム側で点を取るか!!

よく知っておられるなw
もうまじで勝てる気がしないよーな・・・
でもでも次対戦した時には勝てるように修行でも積んでおくよw
またよろしくね~

namasuさん>

>ノーコメントで投稿してしまった・・すいません。

いえいえ~、誰でも間違えはありますから。
僕も何度も何度もこういった経験はありますよ(泣)

>1200試合まで5分でやってたんですかぁ、
>それであの勝率ですかぁ、すごいです。

実際は違います(爆)
一応ウイナーズだけは出てましたからw
でも勝てなかったんですよねwウイナーズではwww
だから本格的に出始めたのが1200ぐらいって事ですね。  

>話は変わりますが、crowさんはセンタリングうまいらしいですね!
>ロングパスタイプは何番にしてるんだろ

ロングパスタイプは初期設定のままですからタイプ1ですよっ!
8LEまではタイプ4とか使っていたんですけど、
今作9では巧くいかなかったのでタイプ1にしています。

>センタリングのコツとかあったら教えてほしいです

以前に記事にしたのでそちらを見ていただけたらなって思います。
また、掲示板なんかに書き込んでもらえたらみんなの意見がもらえますよ~!!

アウェーで点を取られないようにする!!
これが大事ですよね~
そして、いかにホーム側で点を取るか!!
また、対戦しましょうね^^

ノーコメントで投稿してしまった・・すいません。  1200試合まで5分でやってたんですかぁ、それであの勝率ですかぁ、すごいです。  話は変わりますが、    crowさんはセンタリングうまいらしいですね!ロングパスタイプは何番にしてるんだろ センタリングのコツとかあったら教えてほしいです

コメントをどうぞ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gooverthetop.blog27.fc2.com/tb.php/62-7ec3b1d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。